ジュエリーリフォームご相談会のお知らせ 3/31~4/2開催

お母様やお祖母様の時代の婚約指輪

当時、大流行したデザインをいくつかご紹介しましょう

昭和30年代

昭和40年代

昭和50年代

時代時代で様変わりしていますが

ダイヤモンドを大きく華やかに見せるために

爪を大きくし、高さのあるデザインが主流だったようですね

 

豪華でフォーマルな印象の立爪の婚約指輪ですが

「普段使うことができないからリフォームしたい」

というご相談をよく頂戴します

 

「大切な記念の指輪だから、普段するのは勿体無くて全くしたことがなかった」

ご相談にいらっしゃるお客様の指輪は、当時のまま新品同様だったりします

 

「娘の結婚式にしようと思ったけど、なんだか古臭く感じて…」

「飛び出したようなデザインだから、お洋服を引っ掛けちゃいそう」

指輪をつけることに消極的になってしまっている方も…

なんだかとっても勿体無い

 

思い出深い愛の証

だからこそ、たくさん着けていただきたい

私たちジャンティールキタカミではジュエリーリフォームで

思い出を未来に繋げるお手伝いができたらいいなと考えております

 

3月31日(金)〜4/2(日)

内灘本店にて「リフォームご相談会」を開催いたします

お見積もりやご相談だけでもお気軽に!

 

当日はお修理も承っております

指輪のサイズ直しや切れたネックレスを繋げる修理などなど

他店でお求めのお品でももちろんOK

ジュエリーでお困りのことがありましたら是非ご相談くださいませ

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木 綾

投稿者:鈴木 綾

[内灘本店 店長] 何年たっても指輪を見ると元気がでる。そんな色あせない思い出づくりのお手伝いをしたいです。
カテゴリー : news|イベント情報, news|お知らせ, staff|内灘本店 | タグ : , |